google-site-verification:

手紙の持つ不思議な魔法。一筆啓上賞。

福岡県坂井市丸岡町にて行われる「一筆啓上賞」

福岡県坂井市丸岡町

表彰される女の子

ビクトルユーゴー

1802-1885フランス人。「レ・ミゼラブル」で有名。

一番短い手紙

 Why was it written in a single character?

なぜ一文字だったのか?

I’ve never heard or read about the reasons in detail.

詳しい理由を見聞きしたことがない。

 I’m talking about a letter written by literary giant Victor Hugo, the shortest letter ever written. 

文豪ユゴーが書いた世界一短い手紙の話である。

 The author was concernd about the success of his novel “Les Miserables”

 And sent his publisher a letter composed of just one character: “?”

小説「レ・ミゼラブル」の評判を気にしていた作家は、出版元に「?」一文字の手紙を送った。

 Fully understanding what Hugo was feeling, the publisher wrote in response:”!”

相手もしっかり意をくみ、「!」とだけ記して返信した。

 Once written in a letter no matter how short it may be, a person’s feelings will be conveyed.

どれほど短くても便せんにつづれば、気持ちは不思議と伝わる。

 This is the magical power of a letter.

手紙の持つ魔法の力を思う。

The Japan News by The yomiuri Shinbun 2020.2.7 第15面より引用

手紙の持つ魔法の力たち

 Even at the present time, when social media is at its zenith, many people believe in this magic.

SNS全盛の現代においても、魔法を信じる人は少なくないようだ。

 In a contest titled “Ippitsu Keijo Sho”(Just a short note to tell you award), the city government of Sakai, Fukui Perfecture, invited the public to send in entries for the shortest letter in Japan.

 There ware said to have been more than 30,000 entries submitted this fiscal year.

福井県坂井市が募る日本一短い手紙のコンクール「一筆啓上賞」に今年度も3万通を超える応募があったという。

 The texts of the letters, each composed of only 40 characters or so, stir the imagination in various ways.

わずか40字ほどの文面が様々想像をかき立てる。

 “This is the third sumer that we’ve been unable to see each other. I feel a bit lonely, but I wanted to tell you that I was able to swim up to the lighthouse all by myself.”

<会えなくなって、3回目の夏です。少しさびしいけどひとりで灯台まで泳げたよ>。

This letter was written by a third-year student in junior high school.

 Is the adressee,”older brother,” in good health?

中学3年生、宛てた「お兄ちゃん」は息災なのだろうか。

 “‘You were born on a pure snow-white day.’ You wrote that in your maternity health book, didn’t ou? That’s why I love winter.”

<「真っ白な雪の日に生まれました。」と母子手帳に書いてあったね。だから冬が好き>。

 This was written by an 11-year-old child.

 The “Mom” who received this letter would undoubtedly shed tears.

11歳、受け取った「お母ちゃん」は涙するに違いない。

 Many entries were handwritten.

肉筆での応募も多い。

 They were carefully written, character by character, with a fountain pen or ballpoint pen.

万年筆やボールペンで一文字ずつ丁寧にしたためてある。

 I imagine joyful faces contemplating this or that under the light at their desk.

灯りの下、机の前で、あれこれ思案する楽しい顔を夢想する。

The Japan News by The yomiuri Shinbun 2020.2.7 第15面より引用

一筆啓上賞

一筆啓上賞は、福岡県坂井市丸岡町にて1993年(平成5年)からスタートしました。

丸岡町には丸岡城があって、「一筆啓上 火の用心 お仙泣かすな 馬肥やせ」という石碑があり、戦の地から、家族・忠義を思う気持ちを込めて、妻に宛てて書かれた手紙だそうです。

福岡県坂井市丸岡城

福岡県「丸岡城」 一筆啓上賞サイトへ。

日本一古い天守閣を持つ丸岡城、日本一古い手紙がある坂井市丸岡を全国に知ってもらいたいという願いから一筆啓上賞が始まりました。

第一回のお題は「日本一短い母への手紙」。

どんな手紙が投稿されたのか見てみましたが、涙腺崩壊間違いないですね。

僕のお母さんは口うるさいお母さんなので、あまりまともに会話をすることはありませんでしたが、僕も手紙を書いてみようかな。

でもどうせ「なに言ってるんだ」みたいに言われて終わりだろうみたいな抵抗感があるんですよね、僕の中に。

一番短い母への手紙

「一番短い母への手紙」サイトへ

一筆啓上賞のようなイベントがあると、そんな抵抗を感じることなく、素直な気持ちを手紙に乗せやすいかもですね。

来年は投稿してみようかな。